2007年10月19日

修学旅行暴行ファイル 羽交い絞めにした女の子を犯す映像!

動画はこちら


強姦(ごうかん)とは、性的暴力のこと。個人(主に女性)の性的自由を攻撃し、貞操を侵害する行為。被害者となった人物に対し多大な肉体的・精神的苦痛をもたらすものであるだけでなく、被害者となった女性が自身が望まない妊娠を余儀なくさせられる、懐妊した子の父性の混乱をもたらす、家庭生活の平和が破壊されるなど深刻な被害が発生する危険性が強いため、多くの文化圏においては宗教的な貞操観念などとも結びつくことによって、性犯罪の中で最も重い犯罪(強姦罪)として国家権力による処罰の対象とされている。

目次 [非表示]
1 表記
2 被害の実態とその防犯方法など
2.1 被害にあった場合
3 人類の歴史における強姦
4 社会学的見方と生物学的見方
4.1 社会学的見方
4.2 生物学的見方
5 強姦(日本)
5.1 日本における強姦の意識の変化
5.2 出版物及び映像における表現
6 関連項目
7 外部リンク



[編集] 表記
日本の報道などでは、次の理由により「強かん」と表記されることもある。

「姦」の漢字が常用漢字ではないため、あまり見慣れない
「姦」の漢字が女性差別的であるとして、使用を避けるべきとフェミニストが主張している
(漢字の熟語の一部をかなで表記することに対する批判もある)

以上の理由に加え、被害者やその親族等に対する配慮からも、新聞・ニュースなどの報道上では「強姦」「強かん」という語はほとんど使われることはなく、代わりに「婦女暴行」、さらに略して「暴行」と置き換えられることが多いが、単なる「暴行」では刑法第208条の「暴行罪」と混同し、比較的刑の軽い犯罪行為という誤った解釈がなされることがあるため、注意が必要である。


また、最近では「乱暴」というさらに弱めた表現も見られる。

もっとも、刑法第208条の暴行罪による事件が報じられるケースなどほとんどないため、新聞などで「女性へ暴行」「〜による集団暴行」のような見出しがあれば、強姦罪(または強制わいせつ罪)のことと考えても差し支えない。

また週刊誌や小説などでは凌辱(陵辱)や英語のレイプ(rape)という表現が用いられることもある。

なお、「強姦」という語が本来もつ意味は「双方の合意なしに行われる姦通(配偶者以外のものと行う性行為)」である(対義語は「双方の合意の上で行われる姦通」を意味する「和姦」)が、現在は広く相手の合意なしに行われる性行為一般を指す場合がほとんどである(夫婦間であっても強姦罪は成立する)。


[編集] 被害の実態とその防犯方法など
医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。免責事項もお読みください。

[編集] 被害にあった場合
強姦の被害者は医療機関ですみやかに受診し、外傷や性感染症およびその他の感染症のチェックを受ける必要がある。告訴するなら医師の証言は重要となる。妊娠の心配がある場合はモーニングアフターピルの服用についても相談する。不幸にも妊娠してしまった場合には母体保護法14条1項第2号により妊娠中絶が認められている。

被害者が心的外傷後ストレス障害(PTSD)を経験する場合も多い。

警察の性犯罪相談窓口や救援団体などに相談すれば、具体的なアドバイスを得ることができる(#外部リンク参照)。


[編集] 人類の歴史における強姦
性的暴力は、少数民族や奴隷、先住民、難民、貧困層また大規模災害などによって生まれた社会的弱者に対して行われたり、刑務所や収容施設内、そして戦時下においてしばしば行われてきた。内乱や戦時下では大規模な集団レイプもしばしば発生する。(戦時性暴力) また、非戦時下においても、権力者による性の専横、例として西欧領主の初夜権などがある。

古来、征服された民族の女性の運命は過酷であった。最も有名なのはモンゴル帝国の創始者チンギス・ハーンとその係累・後裔であろう。帝国による降伏勧告を受け入れず抵抗の後征服された都市はことごとく破壊・略奪・殺戮され、女性も戦利品として王侯・軍隊などの権力者以下にあてがわれた。 世界各地の男性のY染色体を調べた結果、かつてのモンゴル帝国の版図に高率で共通の染色体が検出されたという話さえある(ブライアン・サイクス著『アダムの呪い』参照)(ただこれに関しては、モンゴル帝国以前からシルクロード一帯で勃興・滅亡を繰り返していたと言われる遊牧騎馬民族の西進がもたらした影響を割り引く必要がある)。

近代〜現代も、戦時下において各国軍隊による敵国女性へのレイプが少なからず発生した。第二次世界大戦以降ではアメリカ、ソ連、ドイツ、韓国による大規模な強姦があったとされる(日本に関する事項については、南京大虐殺、南京大虐殺論争等を参照されたい)。終戦後は、被占領地域において、戦勝国、特にソ連軍(流刑囚)による日本人女性やドイツ人女性へのレイプが多発したという。ソ連軍は当時から女性軍が編成されていたが、こちらも規律は皆無であり、満蒙開拓移民の日本人少年などが多数被害に遭った(メイル・レイプ)。また、日本では在日米軍に所属する将兵による強姦事件が問題となり続けた。特に沖縄県では1972年の本土復帰以降、明るみに出ているだけで120件以上。今なお基地問題で揺れる住民との間に深刻な影を落としている。1995年の沖縄米兵少女暴行事件は大きく取り上げられた。

ベトナム戦争中、アメリカ軍兵士によるベトナム人女性の強姦、買春も多発し、混血児も多数存在している。また韓国軍兵士による、現地ベトナム人女性へのレイプや買春で生まれた子供が、現在10万人以上存在していて群を抜いている。1998年に当時の金大中大統領はハンギョレ新聞の報道を受けてこれらのベトナム戦争に於ける韓国軍の残虐行為に対する謝罪の意を訪韓中のベトナム首脳に表し、また補償の開始を命じたが、非公式な謝罪であるため韓国政府としての謝罪と受け取られているとは言い難い。また反共の野党ハンナラ党の反対もあって現在も補償は全く進んでいない為、両国間で問題になっている(韓越混血児問題)。このためベトナムにおける反韓感情は強い。

1990年サダム・フセイン軍はクウェート女性を襲い、1991-1995年のボスニアではセルビア人民兵がムスリム女性を、1994年ルワンダではフツ族軍がツチ族女性を、など。戦時下レイプの例は歴史上現在に至るまで枚挙に暇がない。

また、前述したとおり大規模災害の発生にともない治安が一時的に悪化し、被災民、避難民の中の弱者が性的暴力を受ける被害も発生している。被災による精神的ダメージに加え、性的暴力による精神的な障害を受けることになり、さらには災害時のため、被害を訴えることが困難だったり、訴えても、事件立証のためにさらなる苦痛を被害者が負うことになる。


[編集] 社会学的見方と生物学的見方

[編集] 社会学的見方
強姦する側の半数以上が若い年齢層であるという統計もある(出典『ウーマンズ・ボディ』1992)。しかし、強姦する側が貧民層であるというのは、ある種の差別的な幻想である。確かに社会的地位の低さによって満足な性生活がおくれない、あるいは失う物が少ないなどの理由で犯行に及ぶ場合もないわけではない。しかし、富裕層の強姦事件も決して少なくなく、社会的地位と強姦についての因果関係に結論は出ていない。

レイプが男性の性欲に強く依存することに基づいて、抗アンドロゲンを投薬、あるいは注射により、性犯罪者の更生を図る試みも、アメリカなど一部の国で行われている。しかし、これはまた別の人権論争を巻き起こしている。

主にフェミニズムでは、男性による性的な支配が、男性社会を維持する仕組みとして使われてきた側面があるとする社会学的見方が主張されている。

スーザン・ブラウンミラーは、強姦は、社会的に抑圧された男性が、その弱さを糊塗するため、女性を支配することによって力を誇示して満足感を得ようとする「権力作用」であり、男女間の力関係を支配・征服により確認する行為であるとしている。

[編集] 生物学的見方
生物学的・動物行動学的な観点から、強姦(レイプ)は人間特有の行動ではなく、類人猿や鳥、魚などにも少なからず見られる現象であるとする見方もある。レイプは生物学的自然に基づく「繁殖戦略」であり、そのために男性の性衝動があるという主張である。しかし、動物の交尾と人間の犯罪行為「強姦」を同列に論じることは、部分的にしかできない。

ランディー・ソーンヒルは、シリアゲムシのレイプ行動からヒントを得て、人間のレイプ行動の研究を行った。

[編集] 強姦(日本)
詳細な法律論については強姦罪を参照のこと。

日本の国内法においては、直接的な性交(陰茎の膣挿入)を伴う性的暴力に限られる(射精の有無は不問)。その為、被害者が女性の場合にのみ成立(被害者が男性の場合は、いかなる性暴力であれ法的に強姦には分類されない)。


[編集] 日本における強姦の意識の変化
日本では、その父権性原理によって女性は男性によって支配・所有される存在とみなされていたといわれ、強姦が所有権の侵害とみなされ、父ないし夫の所有する女性の貞操を強奪する行為であったこといわれる。戦前までにおいても強姦は処罰の対象とされていたが、保護の対象は貞操や社会秩序・性風俗の維持であって被害者の女性の性的自由を守るものではなかったのである。

また、現在においても、法廷において被害者が加害者につけいる隙をつくったか否かを詮索されたり、異性との交友関係、性体験の有無について詮索される傾向があるといわれる。これは、潔癖な女性の性的自由は尊重されるが、そうでない女性については性的自由の侵害を認定しないのと同義である。個人の性的自由は、その私的生活に左右されるものであってはならないとする法曹関係者が増加する傾向もみられるともいわれるが、夫婦は互いに性交を求める権利を有しかつこれに応じる義務があるという観念(性交要求権)も裁判官に根強く残っており、強姦が性的自由の侵害であると一般に理解・認識されるまでには、まだ時間がかかるものともいわれている。また、近年、国連規約人権委員会や女子差別撤廃委員会(女子差別撤廃条約に基づく)などの国際機関において、日本における法と法の運用の不備を指摘されている。


[編集] 出版物及び映像における表現
実際の強姦の状況は、その当事者・目撃者などしか知りえない。 このため映像作品や書籍などの「レイプシーン」がその状況となりうる。 しかし、これらについては、放送倫理などの理由で表現を抑制したり、逆にエロチックなどの刺激を実際以上に扇情的に表現することも多く、そのため実情とはかけ離れていると思われる表現になることも多い。強姦されるとき、女性は「やめて」「いや」などと叫んだり喘いだりする設定が多いが、突然の強姦で暴力を伴う場合、実際には恐怖のあまり体が硬直し、声も出せず、身動きすらできない場合が少なくない。

成人向けの漫画・アニメ・ゲーム・小説・ビデオ・映画などの場合では、一連の行為を包み隠さず表現することが多い。

なお、「レイプシーン」は、その性格上、以下の媒体・ジャンルでは滅多に表現されない。

NHKの番組
性教育以外の、年少者教育のための教材
アダルト系ではないアニメ(テレビ・OVA・劇映画とも)やコンピューターゲーム。他、人形劇・特撮など、本来は児童層向けのジャンル
ほのぼのとした内容で、エロ・グロを排した劇映画や、民放のドラマ
上記の項目に当てはまりつつもレイプを描いた作品が、少数ながら存在する。性器の直接描写は避け、間接表現に留めている。

アニメで言えば、『無限のリヴァイアス』『ふしぎ遊戯』『今、そこにいる僕』。

ゲームで言えば、『STARDUST BLUE』。

ドラマで言えば、『武蔵 MUSASHI』『ひとつ屋根の下』『3年B組金八先生』(桜中学を舞台としたものではないが、金八の教え子の男子生徒の回想シーン、2001年版では存在した)。

無論、この他にも類例はある。

近年(1990年代・2000年代)では少なくともテレビドラマでは、レイプ後の女性の姿は、着衣のまま倒れているシーンで表現されることが多い。 ただし、かつて(1980年代以前)は全裸やそれに近い状態で表現されることもあった。

また、男性が女性に行う物以外の性的暴行(男性→男性、女性→男性、女性→女性)も、いわゆるやおいや同性愛者向けのポルノを除き、通常は映像化・出版化されない傾向にある。


[編集] 関連項目
セクシャルハラスメント
セカンドレイプ
性的虐待
性犯罪
メイル・レイプ
パターナリズム
177 (ゲーム)
参考文献 (強姦)

[編集] 外部リンク
メルクマニュアル家庭版・レイプ
110番性犯罪被害
Yahoo! Japan ディレクトリ: 性犯罪
西村元政務次官の強姦発言と性の自己決定権
レイプ神話と「性」(現代文明学研究第1号研究ノート・田村光啓)
チンギス・ハン - 人類史上最も多くの子孫を持つ蒼き狼
If He Is Raped (男性性被害者の個人サイト)
東京強姦救援センター
この項目「強姦」は、調べものの参考にはなる可能性がありますが、まだ書きかけの項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
このテンプレートは分野別のスタブテンプレート(Wikipedia:スタブカテゴリ参照)に変更することが望まれています。ただし、サーバー負荷軽減のため、スタブテンプレートの変更は加筆とともに行ってください。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%A7%A6" より作成
カテゴリ: 中立的観点に議論ある項目 | スタブ | 強姦 | 性犯罪 | 社会


http://av.paro2.net/
http://shougeki.paro2.net/
http://gomakininsin.paro2.net/
http://tousatudan.paro2.net/
http://gekiatu.269g.net/
http://haripota.paro2.net/
http://imaieriko.paro2.net/
http://tonneruzughouko.paro2.net/
http://koizumikamenasi.paro2.net/
http://ebizou.paro2.net/
http://housoujiko.paro2.net/
http://ria.paro2.net/
http://gomaki.paro2.net/
http://aragakitati.paro2.net/
http://ayunagase.paro2.net/
http://hisamotomasami.paro2.net/
http://imaimero.paro2.net/
http://iidakaori.paro2.net/
http://konnoasami.paro2.net/
http://miyazakiaoi.paro2.net/
http://iijimaai.paro2.net/
http://morning.paro2.net/
http://shiespa.paro2.net/
http://yabehakyoku.paro2.net/
http://kaharatomomi.paro2.net/
http://asada.paro2.net/
http://oikawanao.paro2.net/
http://matuo.paro2.net/
http://hosokawahumie.paro2.net/
http://24jikanhousoujiko.paro2.net/
http://av.paro2.net/
http://shougeki.paro2.net/
http://gomakininsin.paro2.net/
http://tousatudan.paro2.net/
http://gekiatu.269g.net/
http://haripota.paro2.net/
http://imaieriko.paro2.net/
http://tonneruzughouko.paro2.net/
http://koizumikamenasi.paro2.net/
http://ebizou.paro2.net/
http://housoujiko.paro2.net/
http://ria.paro2.net/
http://gomaki.paro2.net/
http://aragakitati.paro2.net/
http://ayunagase.paro2.net/
http://hisamotomasami.paro2.net/
http://imaimero.paro2.net/
http://iidakaori.paro2.net/
http://konnoasami.paro2.net/
http://miyazakiaoi.paro2.net/
http://iijimaai.paro2.net/
http://morning.paro2.net/
http://shiespa.paro2.net/
http://yabehakyoku.paro2.net/
http://kaharatomomi.paro2.net/
http://asada.paro2.net/
http://oikawanao.paro2.net/
http://matuo.paro2.net/
http://hosokawahumie.paro2.net/
http://24jikanhousoujiko.paro2.net/
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/
http://shiraishi.seesaa.net/
http://hamadashoko.cocolog-nifty.com/blog/
http://kawaharamakoto.cocolog-nifty.com/blog/
http://ogurayuko.cocolog-nifty.com/blog/
http://blogs.yahoo.co.jp/megumi_blog
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/
http://hagayuria.cocolog-nifty.com/blog/
http://madocamera.cocolog-nifty.com/madocamera/
http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/
http://blog.livedoor.jp/hanahana400/
http://innkoujikenn.269g.net/
http://yamamoto-mona.cocolog-nifty.com/
http://news4vip.livedoor.biz/
http://blog.livedoor.jp/ressbook2ch/
http://www.kajisoku.org/
http://blog.livedoor.jp/papasans/
http://blog.livedoor.jp/hanahana400/
http://blog.livedoor.jp/niburo/
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/
http://blog.livedoor.jp/onisoku/
http://blog.livedoor.jp/nrglife/
http://plaza.rakuten.co.jp/m810j94/
http://sinsoku.livedoor.biz/
http://blog.livedoor.jp/vipper0810/
http://blog.livedoor.jp/kurannko4002000/
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/
http://blog.goo.ne.jp/xiaoli_2007
http://hamadashoko.cocolog-nifty.com/blog/
http://blog.livedoor.jp/tadamichi0604/
http://8komando.12.dtiblog.com/
http://dtinews.10.dtiblog.com/
http://housoujiko.paro2.net/
http://ria.paro2.net/
http://gomaki.paro2.net/
http://aragakitati.paro2.net/
http://ayunagase.paro2.net/
http://hisamotomasami.paro2.net/
http://imaimero.paro2.net/
http://iidakaori.paro2.net/
http://konnoasami.paro2.net/
http://miyazakiaoi.paro2.net/
http://iijimaai.paro2.net/
http://morning.paro2.net/
http://shiespa.paro2.net/
http://yabehakyoku.paro2.net/
http://kaharatomomi.paro2.net/
http://asada.paro2.net/
http://ebizou.paro2.net/
http://imaieriko.paro2.net/
http://haripota.paro2.net/
http://koizumikamenasi.paro2.net/
http://tonneruzughouko.paro2.net/
http://blog.livedoor.jp/yuki_katase/
http://blog.livedoor.jp/qaz1235/
http://blog.goo.ne.jp/aiko_diary_goo
http://blog.goo.ne.jp/satouyou02
http://plaza.rakuten.co.jp/tokitoami/
http://yaplog.jp/nigun-niiba/
http://blog.livedoor.jp/ym8322/
http://blog.livedoor.jp/moepre/
http://blog.livedoor.jp/m-13_62278/
http://blog.livedoor.jp/toratora100000000/
http://labaq.com/
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/
http://blog.livedoor.jp/dankogai/
http://blog.livedoor.jp/jin115/
http://blog.livedoor.jp/morningcoffee_blog/
http://blog.livedoor.jp/warosmania/
http://choo.livedoor.biz/
http://gekiatu.269g.net/
http://tousatudan.paro2.net/
http://gomakininsin.paro2.net/
http://shougeki.paro2.net/
http://av.paro2.net/
http://sawajirierika.paro2.net/
http://rape.paro2.net/
http://kinsinyouji.paro2.net/
http://douga-magazin.cocolog-nifty.com/blog/
http://sukisukidouga.14.dtiblog.com/
http://blog.goo.ne.jp/sukisukidouga
posted by mk at 14:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。